れんらくちょう

だんだん仕上げてきますから

デデステ日記帳②

 

 

 

 

 

f:id:NKTN19:20181101205152j:image

 

 

 

 

f:id:NKTN19:20181101205215p:image

 

 

 

 

 

 

f:id:NKTN19:20181101205237p:image

 

 

 

 

 

 

f:id:NKTN19:20181101205255j:image

 

 

 

 

 

 

 

f:id:NKTN19:20181101205344j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:NKTN19:20181101205317p:image

 

 

 

 

 

f:id:NKTN19:20181101205405j:image

 

 

 

 

 

f:id:NKTN19:20181101205425j:image

 

 

 

 

 

 

…………。

 

 

 

 

 

 

f:id:NKTN19:20181101205447p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:NKTN19:20181101205511j:image

夢ならばどれほどよかったでしょう
未だにあなたのことを夢にみる
忘れた物を取りに帰るように
古びた思い出の埃を払う

戻らない幸せがあることを
最後にあなたが教えてくれた
言えずに隠してた昏い過去も
あなたがいなきゃ永遠に昏いまま

きっともうこれ以上 傷つくことなど
ありはしないとわかっている

あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ
そのすべてを愛してた あなたとともに
胸に残り離れない 苦いレモンの匂い
雨が降り止むまでは帰れない
今でもあなたはわたしの光